便利グッズ

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策にアロマで寝かしつけ

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策にアロマを紹介!AMOAベビースリープがおすすめ!

赤ちゃんの夜泣きやぐずり、長時間の寝かしつけに疲れてヘトヘト…

赤ちゃんの夜泣きやぐずりの原因が何で、どんな寝かしつけをすれば寝てくれるのか分からず悩んでいませんか?

アリコ
アリコ
私も赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけが大変だと知らず、本当に苦労しました。

そこで、赤ちゃんの夜泣きやぐずり、寝かしつけにおすすめなのがアロマです。

アロマは香りを楽しむだけものと思われがちですが、ちゃんと科学的な効果が証明されており医療の現場でも採用されています。

中でも、AMOAのベビースリープは香りで「赤ちゃんのすやすや習慣」を作ってくれる赤ちゃん専用のブレンド精油(アロマオイル)。

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策の寝かしつけ専用なんです。

精油100%で合成香料・保存料は不使用なので、ママ安心です!

AMOA公式サイトで【ベビースリープ】を見てみる

赤ちゃんの夜泣き・ぐずりの原因はさまざま

赤ちゃんの夜泣きやぐずりの原因は、月齢や日中の過ごし方・環境によりさまざまです。

元々、赤ちゃんの眠りは浅く睡眠サイクルも短いため夜起きてしまうのは自然な事なのですが続いてしまってはママの体力も気力も持ちません。

朝決まった時間に起こす・日中お出かけする、など基本的な生活改善をしてもどうにもならない事もしばしばあります。

睡眠不足の状態では、赤ちゃんの数ある夜泣きやぐずりの原因を特定するのは難しいでしょう。

アリコ
アリコ
睡眠不足の時って冷静ではいられなくなるし、赤ちゃんの命を守る責任もあって追い詰められちゃうよね

赤ちゃんの夜泣き・ぐずりにアロマをおすすめする理由

私が赤ちゃんの夜泣き・ぐずりにアロマをおすすめする理由は、病棟看護師時代の記憶にさかのぼります。

当時働いていた病棟は、若い末期のがん患者さんもいれば手術直後の患者さんもいらっしゃる部署でした。

皆さん明るくふるまっていても、病気の不安・家族や仕事のトラブル・人生の意味や死生観を見つめ悩む方をよく見てきました。

治療を尽くしても埋められない、孤独感や不安感をまとっていました。

赤ちゃんの夜泣きぐずりにアロマがおすすめ

そんな医療の隙間で苦しむ患者さんを癒したのがアロマでした。

上司がアロマの資格を持った看護師だったのでディフューザーを置いたり、身体を拭くときにアロマを使ったり、”とても落ち着く”と大変好評でした。

夜勤や長時間勤務で自律神経を崩しやすい職場だったので、症状に合わせてスタッフにアロマを選んでくれて強張った表情が和らいでいく様子を見てアロマの効果を実感しました。

赤ちゃんの夜泣きぐずりにアロマがおすすめラベンダーはリラックス効果あり

私は、基本的には夜泣きやぐずりの改善はまず生活リズムを見直す事だと思います。

しかし、ママがどう頑張っても改善しない夜泣きやぐずりも確かにあります。そんな時はアロマの力を使う事をおすすめします。

→夜泣き専用アロマについて見てみる
アリコ
アリコ
すべての人にネントレが合う訳じゃないです。

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策アロマの4つの使い方

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策でアロマを使う方法には色んな方法で、私がおすすめな方法を4つ紹介します。

お風呂で芳香浴

お風呂の洗面器にお湯をため、そこに数滴アロマオイルを垂らし香りを楽しむ方法です。

入浴後に就寝するお家も多いので、入浴中のアロマの香りでスムーズな寝かしつけにつながります。

また、お風呂になると何故かギャン泣きしてしまう子にもおすすめです。

アリコ
アリコ
私もお風呂でのアロマ芳香浴がお気に入りです!

ディフューザーで芳香浴

ディフューザーでアロマオイルの香りを拡散させる方法もおすすめです。

寝かしつけの合図として、アロマを使うのもいいですね。

赤ちゃんの近くで扱うので、火を使わないディフューザーが安心。水も使わないのでカビの心配もなくていいですね。

また、タイマー機能や香りの濃度も調節できるので便利です。

赤ちゃんの枕元に垂らして

赤ちゃんの枕元にアロマを垂らす事を習慣にすると、”この香りは寝る時の香り”と覚えてくれるようになります。

夜目が覚めてしまったときも、この香りがすれば赤ちゃんも安心してくれますよ。

ベビーススリープは精油100%。精油の制菌作用は科学的にも証明されています。

引用元 AEAG日本アロマ環境協会 アロマの研究・調査「精油の制菌作用」



お出かけ先でぐずった時に

お出かけ先でぐずったりすると、周囲に気を遣ってしまいますよね。

そんな時、抱っこひもやスリングに数滴垂らしてみるとママも赤ちゃんも落ち着くことが出来ます。

アロマを染み込ませたティッシュを持ち歩くのも手軽でいいですね。

赤ちゃんだからこそ!夜泣き・ぐずり対策にアロマを使う時に注意してほしいこと

赤ちゃん・子どもにアロマを使用する時の注意があります。

3歳未満の乳児・幼児には、芳香浴法以外は行わないようにしましょう。
3歳以上の子どもでも、精油の使用量は、成人の使用量の10 分の1程度から始め、多くても2分の1の程度とし、使用にあたっては十分に注意を払いましょう。

引用元 AEAG日本アロマ環境協会

また、低月齢な赤ちゃんは視力が低く嗅覚で人を判別しています。

ママの匂い、ミルクの匂い、リビングの匂い…それぞれを大事にするために、家中をアロマの香りで満たしたり1日中使い続ける事のないようにしましょう。

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策アロマ【ベビースリープ】の購入方法

赤ちゃんの夜泣き・ぐずり対策アロマ【ベビースリープ】の購入は、公式からがおすすめです。



2本以上のセット購入で送料無料で1本あたり100円引きに。

赤ちゃんの夜泣き対策の【ベビースリープ】だけでなく、

産後のマタニティブルー用アロマ

子育て・育児のイライラ用アロマ

といった、疲れたママを応援するアロマも選べます。

アリコ
アリコ
睡眠不足とイライラって切り離せない関係…!

 AMOA公式サイトで【ベビースリープ】を詳しく見てみる

アロマで赤ちゃんのすやすや習慣を作りましょう!

ABOUT ME
アリコ
アリコ
看護師10年のアラサーママです。産後は毎晩2時間刻みの授乳で疲れ果てていましたが、ジーナ式ネントレに出会ってから夜泣きなし・寝かしつけなしに!自分のひとり時間を持てるようになり、心にゆとりが生まれ育児を楽しめるようになりました。ネントレは、赤ちゃんもママも笑顔にする育児法だと思います。ネントレで、ママのひとり時間が作れるよう応援しています!