知育

100均材料で作る!おままごと用手作りレジスター

「ピッ!」と鳴る!100均だけで手作りレジスターの作り方

「買い物」や「レジ」に興味を持ち始めると

カートを降りて自分で買い物したがるようになって、買い物が大変!

でもお店屋さんごっこをするととても楽しそうな様子だし、本人が興味がある時期が教え時!

物を買うにはお金を払うということを教えたいと思いレジスターを用意することにしました。

後々その時にしたい「お金の教育」が出来るよう、シンプルなレジスターを手作りしています。

材料・作り方をご紹介します。

市販品には無いこだわりのレジスターが欲しい!

まずは市場調査。

機能が色々とあって値段の幅も結構あるようです。

 

まずウッディプッディのはじめてのおままごとレジスター

木製で温かみがあり、おもちゃのお金も木製で揃っているのが特徴。

バーコードスキャンは「ピッ」と音は鳴りませんが、CASHボタンを押すと引き出しが飛び出すのがリアルでいい!

プライスカードも、値段がわかるだけでなくその値段はどの硬貨が何枚かが分かるようイラストで表示されていて子どもにも視覚的にわかりやすいのがとてもいいなと思いました。

お値段が1万円近くちょっと高いなと感じるのですが、ゆくゆく「お金の教育」を考えた時シンプルなデザインのウッディプッディのレジスターは長く使えるのではと思います。

木のおもちゃが好きなので私の理想なんですが、お高い…。

 

こちらのアンパンマンのレジスターは、私が調べた中で機能が最多。

created by Rinker
セガトイズ(SEGA TOYS)
¥11,000
(2020/02/29 12:48:13時点 Amazon調べ-詳細)

おもちゃのお金、買い物カゴ・ポイントカード・牛乳や卵の小物、シャララ〜ンとスマホ決済の音がなるスマホなどしっかりした物が付いていて現代的です。

しかも、バーコードをかざすと値段を読み上げ「ピッ」と鳴りながら光るので、かなりリアルなレジスターです。

その他、計算問題を解くけいさんモード、電卓モードなどがあり多機能。

そして、子どもが大好きなアンパンマン!

夢中になる子がとっても多そうな多機能レジスターです。

ただ、多機能すぎても使いこなせなさそう…

 

なので、今回は市販品を見ていいなと思う機能を組み合わせたオリジナルのレジスターを手作りする事にしました。

材料は100均セリアとダイソーで揃えました

手作りレジスターの材料は、ほぼ100均で揃えました。

「ピッ」と鳴るバーコードリーダーも100均ですよ〜!

セリアでの購入品

手作りレジスターセリア購入品
  1. DeskLaboプルケース(白と半透明があり)
  2. DeskLaboプチポケット(白と半透明があり)
  3. バーコードリーダー(電池別)
  4. 強力マグネット
  5. キズ防止フェルトクッション

ダイソーでの購入品

手作りレジスターダイソー購入品
  1. PaperBoard貼れるボード
  2. おままごとのお金

自宅にあったもの

割り箸、マスキングテープ、柄入り丸シール、フェルト、

手作りレジスターの作り方

手作りレジスターの作り方は、基本組み合わせて貼るだけでとても簡単。

レジスター本体

レジスター本体は、セリアで購入したDeskLaboプルケースの上にDeskLaboプチポケット乗せてプラスチック用接着剤でとめています。

元々DeskLaboはシリーズで販売されており、組み合わせると「ピタッ」と気持ちよくはまります。

DeskLaboプチポケットの本来ペンをさす部分は塞ぎます。

開口部を塞ぐのには、ダイソーのPaperBoard貼れるボードを使用。

PaperBoard貼れるボードは、発泡スチロールの板で片面が白い紙が貼られていてもう片方は両面テープが全面に貼られています。

カッターナイフで簡単にカットすることができました。

ダイソーのPaperBoard貼れるボードでなくても、白っぽくて丈夫な板があれば代用可能だと思います。

ボタン

椅子の脚に貼るキズ防止フェルトクッションに数字を書き、貼り付けています

ボタンのような厚みが出てくれます。

バーコードリーダー

バーコードリーダーは、セリアで購入したもの。

別売りの電池を入れれば「ピッ」と鳴るので、子どもに大ウケしています。

これが100均で手に入るとは驚き!

バーコードリーダーは、セリアの強力マグネットを貼り付けています。

強力マグネットはとても強力で、ピタッとくっついてくれます。

子どものおもちゃって家の中で紛失しやすいので、バーコードリーダーの迷子防止におすすめです!

写真のバーコードリーダーの強力磁石は6mm、本体側は13mmを貼っています。大きい方が貼り付きやすいと思うのですが、バーコードリーダーが平らでない曲面だったので小さいものにしました。

スマホ決済

スマホ決済のICリーダーは、自宅にあったフェルトを貼っただけ。

手作りレジスターのスマホ決済

キャッシュレスロゴマークの出典:キャッシュレス・消費者還元事業

私自身ほとんどの支払いがスマホ決済のため、おままごとにもリアルさを求めてつけた機能です。

フェルト貼っただけなんですけどね…笑

ベビちゃん
ベビちゃん
光りましたらバーコードをかざしてくださ〜い

なんて言ったら可愛いですね。

クレジット決済

クレジット決済は、割り箸を割って一本ずつ家にあったマスキングテープを貼りました。

少しの隙間を開けてレジスター本体の縁に貼り付け。

接着剤が多すぎてカードの滑りが悪くなってしまったので、接着剤が乾いてからマスキングテープを貼ってカバーしました。

カードをシュッとスライドするの大人もちょっと楽しいです。

レジの中のお金

レジの中のお金は、紙幣の種類が多いかなと思ってダイソーでお金のおもちゃセットを購入。

ダイソーで買ったおもちゃのお金

でも「お金の教育」と考えると、100均のお金のおもちゃセットはお金の種類が不足していて十分ではありません。

私が購入したおもちゃのお金セットは1円玉、5円玉、10円玉が無し。

1円玉や5円玉って100均のお金のおもちゃにはどこを探しても無いんですよね…。

いずれお金をリアルに教えるなら更に手作りか

学研のお金の教育系ドリルを見てみたら、付録で1円玉や5円玉の硬貨が揃っていたので買っちゃおうかなと思っています。

その点、市販品のレジスターを買うと木製のお金のおもちゃが付いているのがいいですよね。

その他

レジスター本体が白のものを選んだので、かなりシンプル。

ちょっと可愛い感じにしてみたくて、丸シールを貼ってお花のようにしてみました。

手作りレジスターのスマホ決済

ここはお子さんの好みに合わせて作ると楽しそうです。

 

「キャッシュレス・消費者還元事業」ロゴマークは経済産業省の商標。

キャッシュレス・消費者還元事業ロゴマークのダウンロード

からダウンロードして余ったPaperBoardに貼って作成しました。

手作りレジスター作りにかかった時間と費用

材料の買い出し以外にかかった時間は、30分未満。

材料さえあれば、貼る作業ばかりが続きとっても簡単でした。

一番長くかかったのは、丸シールで作ったお花の位置決めです 笑

私の場合は、私一人で全て作り上げてしまったんですがデコレーションの部分は子どもと一緒にするとレジスターに愛着が持てるかもしれません。

シールを貼ったり、お絵かきしたり。

気に入ってくれるといいですね。

 

費用は、我が家の場合新たに買ったものが100均商品が7点。

 

欲しい機能をつけた割に、お安く作ることができました。

 

 

他の手作り知育玩具はこちら

▼100均で簡単!子ども用手作りメイクセットの作り方

100均で簡単!子ども用手作りメイクセットの作り方
100均で簡単!子ども用手作りメイクセットの作り方お化粧やメイクに興味を持った子ども用に手作りのメイクセットを作りました。材料は100均ダイソーと家にあるものだけで早くて簡単。すぐにできるのに、子どもも大喜び。ママもゆっくり座ってゆっくりメイクできると嬉しいですね。...

 

 

ABOUT ME
アリコ
アリコ
看護師10年のアラサーママです。産後は毎晩2時間刻みの授乳で疲れ果てていましたが、ジーナ式ネントレに出会ってから夜泣きなし・寝かしつけなしに!自分のひとり時間を持てるようになり、心にゆとりが生まれ育児を楽しめるようになりました。ネントレは、赤ちゃんもママも笑顔にする育児法だと思います。ネントレで、ママのひとり時間が作れるよう応援しています!